奄美大島商工会議所の目的

 商工会議所は、明治11年東京、大阪、神戸の実業界が人々が提唱して設立され、古い歴史を背景に発展してきました。現在の制度は昭和28年8月に制定された”商工会議所法”という法律によって運営されている特殊法人です。

 商工会議所は、その地区内における商工業の総合的な改善発展を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的としています。(商工会議所法第6条)

 奄美大島商工会議所は、奄美の商工業者の世論を代表し、商工業の振興に力を注いで、奄美経済の健全な発展に寄与するための奄美地域総合経済団体です。したがって、奄美大島商工会議所の活動には、大企業も中小企業も、みんな力を合わせて、住みよく、働きやすい島にしようという念願がこめられています。